≪ 2017 09                                                2017 11 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -
 お知らせの記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ガラケーの皆様へ 

寄せ書きページを開けない方は、幹事が責任をもって代筆します。

携帯から寄せ書きページを開けませんが・・・というお問い合わせがありました。
幹事が代筆できますので、ここのコメント欄かメールで140字以内でメッセージを書き込んで下さい。
御名前は本名でもHNでもどちらでも良いですが、お住まいの都道府県を入れて下さるとうれしいです。
確実にその通りに書いておきますので、よろしく書き込みお願いします。

書いた証拠に画面を写真に撮ってメールで送るか、ここにアップしますので、ご確認下さい。
最終的には該当ページを印刷してお送りしたいなとは考えています。

↓現段階での寄せ書きの一部です。できあがりはこんな感じになります。
yosete.png


詳しく知りたい方は幹事にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先メールでの問い合わせはこのブログのメールアドレスにお送り下さい。
fuzakeoni@gmail.com

TEL/FAX・郵便でのお問い合わせは以下の連絡先になります。






▼続きを読む▼

 祝ふきのとうデビュー40周年のメッセージ、寄せ書きについて 

エヴァラス

ふきのとうデビュー40周年のお祝いのメッセージを下記のURLで集めています。

                  寄せ書き呼びかけ人代表 とんぼちゃん・じぇりぃ・のりのり・てふ



~いつか同じ空の下で~二人がまた一緒に歌う日が訪れることを願って、あなたも寄せ書きに参加してみませんか?
オンライン寄せ書きyosetti(ヨセッティ)
https://yosetti.com/mainyosegakis/invite?id=1401713&sc=TISgd


                    寄せ書き参加方法
①オンライン寄せ書きyosettiにアクセスし、寄せ書きのページを開きます。

②アカウント作成
ツィッターやフェイスブックのアカウントを持ってる方はそのアカウントでログインできます。
ない方は、携帯やパソコンのメールアドレスを登録し、アカウントを作って下さい。
メールアドレス以外の個人情報は不要です。

※(アカウントなしでもyosettiにログインしないで寄せ書きに参加するワンタイム書き込みできます)
③ログインして、寄せ書きを140字以内で入力。
個人情報は書いても書かなくてもどっちでも結構です。
書き込みアップ後もログインすれば何度も編集可能です。


書き込みが一定数に達したか、あるいは募集期日(一応5月末日?)を過ぎたところで、
山木康世さんと細坪基佳さんにネットで閲覧して頂くと同時に、後日プリントアウトしたものをお渡ししたいと考えております。
呼びかけ人の4人、プラス10人の幹事が必ず責任を持ってお伝えします。

一人でも多くの方にお声を寄せて頂きたいので、知り合いの方にお声がけ頂けると幸いです。

またネット環境がない方についても、幹事が代筆できますので、140字以内でメッセージを手紙やFAXで送って頂ければ、参加できます。

問い合わせ先
メールでの問い合わせはこのブログのメールアドレスにお送り下さい。
fuzakeoni@gmail.com

FAX・郵便の方は以下の連絡先になります。

▼続きを読む▼

 最初に 

山木さんを変えることができるのは山木さんだけ、
                    細坪さんを変えることが出来るのは細坪さんだけ
私達に出来ることはお二人を「応援」することだけです。


お二人にふきのとうのすばらしさを声にしてお伝えしましょう。
冬銀河

私は去年の秋までふきのとう復活を諦めていました。「エヴァーラスト」と銘打って22年前に解散し、今二人それぞれ幸せなのに、またふきのとうに戻ることを望むのは、ファンの身勝手なエゴだと思ってました。本人達がやりたいようにやってるんだからそっとしておくのがファンの愛だと。
そんな私の心を揺り動かしたのは、ある細坪さんと同年代の女性ファンの一言でした。

「NSPは天野と平賀と中村3人のハモリがNSPなんだ。俺みたいな混ぜ物が入ったらダメなんだよね」という細坪さんのMCに、「あなたもそうでしょ。山木さんと細坪さんでふきのとうでしょ。久保田さんや他の方とハモってもそれはふきのとうじゃない。私は二人のハーモニーが好きだったのに・・・」

その方はデビュー当時からおっかけして、解散コンサートも何カ所も見て、その後の二人両方のソロライブにもマメに通ったそうです。
ところが、最近親御さんの介護があって、遠出出来なくなりコンサートもなかなか行けなくなったとか。また彼女と一緒に山木さんのおっかけをしていた親友が数年前に他界したのもコンサートから足が遠のいた一因だそうです。
その方が「ファンも彼らもいつまでも健康でいられるわけでないから、動けなくなる前にもう一度でいいから二人一緒の姿を見たい」と悲しげにに話されるのを聞いて、彼らを気遣ってそっとしておくことが、ずっと応援してきたファンを悲しませている側面もあるのかなって。ファンの思いを素直に正直に伝えることを恐れるのは、どこか不自然な気がしました。。

でもそのきっかけの話しをして下さった方でさえ今回のネットでの呼びかけに対し、 <お二人の意志が明確でないのに周囲の期待がかえって重荷になってしまう恐れもある>と仰って、ためらわれたそうです。
基本的にファンの愛は無償の愛で、私だって物わかりの良いファンでいたいし、あえてお二人の不興を買うようなリスクを冒すのもためらわれました。これはファンのエゴだよねって最初に、この企画を相談されたのりのりさんとも確認し合いました。
それでも、もういい加減ファンもお二人も良い大人だし、ファンはユーザーですから、要望はするけれど、答えるかどうかはあちら次第なわけです。無理なお願いをするつもりはないのです。
お二人が今それで幸せなら、ファンも幸せですから、要望するだけで終わっても、それはそれでふきのとうが愛されてた証が形として残るし、何もしないでこのまま座して待つだけよりは意味があるのかなと。
50周年まで待つのも現実的でないので、この機会にと思いました。

山木さんを変えることができるのは山木さんだけ、細坪さんを変えることが出来るのは細坪さんだけだとわかっています。

だから私達に出来ることは、頑張っておられるお二人を温かく「応援」することだけです。

その応援の一つの形として、40年に渡るファンの思いをこめて、祝40周年&復活への期待をメッセージにして寄せ書きを集めて参りたいと思っています。

広くご賛同頂けますと幸いです。

てふてふ

Author:てふてふ
アラフィフ主婦。
フォークグループ
「ふきのとう」ファン。

今年はふきのとうデビュー40周年、

記念の寄せ書きを企画中。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。